中日 ドミニカ出身の長身右腕をキャンプでテスト

中日が今春の沖縄キャンプでドミニカ共和国出身のサンディー・ブリト投手(22=前レイズ傘下)の入団テストを行うことが14日、分かった。
ただ、昨季途中に育成だった1メートル90の長身右腕、R・マルティネスが支配下登録選手となり、プロ初勝利を挙げた経緯もあるだけに、ブリトも日本の野球に適応すれば活躍する可能性は十分にある。この日、名古屋市内でトークショーに参加した与田監督は春季キャンプについて言及。「誰がどういう戦い方をできるか、他のコーチと見極めていく。」
すべて目に入ってくるもので確認すると自分の目で戦力を判断していくことを明言した。戦力の底上げに向け、ブリトも自らの目で戦力を判断していくことを明言した。第1クールの2月3、4日には紅白戦を予定しており「まずチーム内で戦ってもらわないと」と話した。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。