殿堂入りの脇村元高野連会長 プロとアマ球界の関係改善に尽力

日本高校野球連盟の第5代会長を務めた脇村春夫氏(87)の野球殿堂入りが15日、決まった。
脇村氏は02年11月、会長就任後初の高野連の理事会で開口一番、「どうしてプロ野球OBが母校の後輩に話しかけることができないのかと疑問を投げかけた。プロ野球ドラフト会議導入前の1961年、社会人選手を中日が強引に引き抜いた「柳川事件」でプロとアマの関係が悪化。その後、断絶状態が続いていた。
脇村氏が「同じ野球なのに(接触できないのは)不自然。自然の形にするのがいい」と考えていた、ちょうどその頃、プロ野球選手会から「高校野球に恩返ししたい」という申し出を受けた。そこで、脇村氏はプロと高校球児の交流の場を設けることを提案。
03年から高校球児らを対象にした現役プロ野球組織の川島広守コミッショナーとドラフトの覚書を締結した。毎年全国6カ所で開き、これまで約7万人の高校球児と約6000人の指導者が受講するなど交流は進んでいる。
プロ入りを希望する高校生にプロ野球志望届の提出を義務づけ、プロ野球選手がオフシーズンに母校で練習をすることもできるなど仕組み作りを整備した。プロアマの関係改善は進み、今では元プロ選手が研修を受ければ、高校で指導ができるようになり、現在、1000人を超える元プロ野球選手がオフシーズンに母校で練習をすることもできるなど仕組み作りを整備した。
日本高野連会長時代、春のセンバツや夏の選手権大会の講評で、見逃しからは何も生まれない」。高校野球界のトップとして行動を起こした先にプロとアマの「雪解け」の道を開いた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。