阪神・飯田、元同僚・ソフトB東浜式トレで勝負“クロスフィットトレ”で肉体強化

阪神・飯田優也投手(28)が14日、17年最多勝右腕から学んだ“クロスフィットトレーニング”での肉体強化を糧に今季、勝負を懸ける意思を示した。
これを飯田は3回トライした。「立てなくなるほどしんどいですよ」。そう吐露しながらも「全身運動なので、全身を鍛えつつ、力をうまく分散させていく。
力の分散を勉強させてもらったとうなずいた。今後もオフの間、取り組んでいくという。その効果で体の状態もいいからか、投球からも気迫がみなぎっていた。
この日は鳴尾浜のブルペンで直球を中心に「ゾーンに強いボールがいくこと」を意識して30球。移籍2年目の今季に向け「(2月)1日に向けてベストを出せるように。今季は勝負だと思っているのでと言葉に力を込めた。
大きく見据える目標は50~60試合登板だ。すでに沖縄でもブルペン入りをしており「(今後も)どんどん入っていきたいと気合十分。貴重な左腕として1軍で投げ抜き、唯一無二の存在になる。」

 
ref
 

コメントは受け付けていません。