【中日】高橋が主将に就任へ 与田監督「引っ張って欲しい」

中日・与田剛監督(53)は16日、今季から高橋周平内野手(24)にキャプテンを託す考えを明かした。
2011年のドラフト1位で入団した高橋は、和製大砲として期待されていたが、17年までの6年間は1軍に定着できなかった。だが、昨季は自己最多の128試合に出場し、打率2割5分4厘、11本塁打、69打点をマーク。指揮官は「もっと早い段階で成績を残せる選手になってもおかしくないと思っていた。」
彼にとってもいいチャンスになると思うとさらなる成長に期待を寄せた。中日では谷繁監督時代の16年に平田が22年ぶりのキャプテン誕生で、チームは新たなスタートを切る。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。