【巨人】小林「僕も負けたくない」開幕スタメンマスク死守へ強化する3つのポイントとは…

巨人の小林誠司捕手(29)が15日、競争に勝ち抜き、3月29日の広島戦(マツダ)で開幕スタメンマスクを奪う覚悟を示した。
開幕投手に内定している菅野と4度目の開幕バッテリーを組むことになる。同世代の「スガコバ」バッテリーで、宿敵のカープを封じ込める。簡単な道のりではないことは分かっている。
新加入した炭谷が「全試合フルイニング出場」を目標に掲げれば、4年ぶりに捕手復帰する阿部も「捕手一本」で勝負に挑んでくる。大城、宇佐見、岸田ら若手の台頭もある。それでも小林は「僕も負けたくない。
実績とかいろいろ比べて劣る部分はあるかもしれないが、どんどん向かっていきたい。積極的に挑戦していきたいと“強敵”相手でも逃げるつもりはない。勝ち抜くために3つの強化テーマを掲げた。
〈1〉スローイング 昨季まで3年連続でリーグトップの盗塁阻止率をマークしているが「またまだ精度を高める」と貪欲な姿勢を貫く。キャッチボール、遠投からすでに実戦を意識した送球を心がけている。〈2〉バッティング 昨季まで3年連続でリーグトップの盗塁阻止率をマークしているが「またまだ精度を高める」と貪欲な姿勢を貫く。
それだけに「先輩らにたくさん聞いて考えながらやりたい」と“取材魔”になる。〈3〉フィジカル 〈1〉〈2〉の土台づくりのために必須だと考えている。現在は大阪府内で自主トレ中。
午前中は6種類に及ぶ下半身中心の鍛錬やダッシュ系に取り組み、午後はベンチプレスなど上半身を中心に多彩なメニューをこなしている。「競争ですね。しっかりやりますと小林。」
まずは2月1日のキャンプインへ、ベストな状態で臨む。(小林 圭太) ◆阿部と炭谷の捕手争いコメント ▼炭谷(1月11日)「僕が(フルイニングの)目標を無理だなと思った時点で選手である資格はないなと思う。打撃も投手からの信頼も、勝てるようなゲームづくりも、銀仁朗に任せておけば大丈夫という信頼も、トータルで他の捕手を上回らないと。」
達成して優勝したら、最高の喜び ▼阿部(1月12日)「フルイニング出場は難しい。でも、捕手なら誰もがそこを目指す。俺も1試合でも多く(マスクを)かぶりたいし、競争意識を持ちながら協力し合って、チームが勝てるようにしたい」。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。