横浜・及川3月沖縄招待試合でスカウトにアピールだ

高校野球の対外試合解禁(3月8日)まで、あと50日ほどになった。
そんな今秋ドラフト上位候補左腕に、南から暖かな便りが届いた。沖縄市が3月9日、10日に横浜の招待試合を行うことが16日、10日に横浜の招待試合を行う。
招待試合という目的から考えると、エース及川は9日の開幕戦(対美里工、コザしんきんスタジアム)での先発が有力。横浜は例年、対外試合解禁直後の試合を自校の長浜グラウンド(横浜市)で行う。
3月は20度に達する日もある。
12球団スカウト陣も注目の「第1投」を、寒さを気にせずアピールするには好材料。夏の神奈川4連覇、全国優勝を目指すチームに弾みをつけるためにも大きい。及川自身は「四天王に入れるレベルには達していません。
まだまだ未完成ですと言う。星稜(石川)の奥川恭伸、大船渡(岩手)の奥川恭伸、大船渡(岩手)の佐々木朗希、創志学園(岡山)西純矢の3右腕と胸を張って並ぶには「安定感をつけたい。」
沖縄市招待試合を皮切りに、7月までに強豪校との練習試合が数多く組まれる。今春センバツ出場の可能性もわずかに残る中、及川は以前から「見て学びたい。いろいろな学校、選手から刺激を受けたい」と目を輝かせていた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。