西武ドラ1松本航、他球団ライバルを“徹底調査”

西武のドラフト1位の松本航投手(22)=日体大=が15日、ソフトバンクのドラフト1位甲斐野央投手(22)の仕上がりを“調査”したことを明かした。
昨年末に一緒に食事をして活躍を誓い合う一方で「1年目から甲斐野に負けない成績を残せるように」と話し、存在は気になるようだ。15日は西武第二球場での新人合同自主トレでキャッチボールなどに取り組んだ後、救命講習を受講した。既に春季キャンプのA班(1軍)入りは内定しており、ブルペン投球も近日中に行うという。
最速155キロを誇る即戦力右腕が地に足を着けて調整を進める。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。