阪神高山、明大魂で外野定位置争いへ不退転の覚悟

明大魂でレギュラー取りへ。
やるしかない。今年にかける思いを前面に出していけたらと決意表明した。12日にはラグビー全国大学選手権で母校・明大が96年度以来、22大会ぶりの復活優勝を果たした。
「準決勝はテレビで観ていました。決勝は観に行きたかったけど行けず、(結果は)速報ニュースを見て。観るのは好きなので、うれしいですね」と笑顔だ。
年末年始もトレーニングを継続し、「去年は体を絞ろうとして筋力トレーニングもした。今年は結果的に絞れたけど、無理やり絞ろうとした感じではないですと納得顔。母校からも力をもらい、激しい外野定位置争いを突破する。」

 
ref
 

コメントは受け付けていません。