DeNA1位上茶谷、右打者の外角球課題に20球

イメージ高めて低めにズバン! DeNAドラフト1位の上茶谷大河投手(22=東洋大)が16日、ベイスターズ球場での新人合同自主トレで2度目のブルペン入り。
体もキレてないし、いい球じゃないです。ここから調整して上げていければと話した。意識したのが投手の生命線となる外角低めだ。
「左打者の外は自信があるけど、右打者の外が課題。そこを重点的に確かめました」。自らの得手不得手を理解した上で、しっかりと腕を振った。
チーム内外を見ても、やや早めの調整ぶり。オーバーペースを心配する声も上がりそうだが、大学時代から1、2月に多くの投げ込みを行っており、当人は「普通です。だいぶゆっくりという感じ」と冷静だ。
次回のブルペン入りについては「あさって(18日)の予定。変化球は様子を見てです」と即答。冷静な新人右腕には、キャンプインまでの明確な調整プランが、イメージできているに違いない。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。