ロッテ・涌井、現状維持年俸2億円で契約を更改 背番号は「18」に変更

ロッテ・涌井秀章投手(32)が17日、ZOZOマリンスタジアムで契約更改交渉に臨み、2億円の現状維持で更改した。
「自分もつけたいと思った。18はチームのエース。背負うことでもっともっとそういう存在になりたいと思った」。
昨年12月、松本本部長に打診して、山室社長、井口監督も交えて話し合い、このほど了承された。18年シーズンは22試合に登板し7勝9敗、防御率3・70だった。今季、狙うのは5年連続10度目の開幕投手だ。
「競争になると思う。後輩に経験してもらいたい気持ちがあるが、自分が投げたい気持ちが強い」 昨季、スタートは悪くなかったが、途中から投球フォームを乱して、2軍での調整を余儀なくされた。「ここ2、3年、自分の成績がよくないのでもう一度…」。
視線の先には優勝がある。長距離ランニングで肉体と気持ちのリフレッシュを図っている。しかも普段は通らない道を走る。
さまざまな発見がうれしい。今季はロッテ在籍6年目になる。「過去5年間のことをしっかり見てもらった」。
再びチームの軸として涌井が右腕を振る。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。