立大野球部が始動 プロ注目左腕・田中誠也投手は体重6キロ増でスケールアップ

東京六大学野球リーグの立大が17日、埼玉・新座市内の同大学グラウンドで始動した。
溝口智成監督からの助言で、昨秋後に本格的な体作りに着手。「苦手な分野だったので、正直、きつかったですと苦笑しながら、食事やプロテイン、ウエートトレーニングに励んだ。約2カ月間で体重60キロから66キロに増量。」
1カ月に1キロ増の想定を上回る成果が出た。「体も重くないとさらなる体重増を狙う。肉体強化で投球の幅を広げる。」
昨夏は侍ジャパン大学代表に選出され、東洋大・甲斐野(ソフトバンク1位)、国学院大・清水(ヤクルト1位)、小島(ロッテ3位)らの投球を間近で体感した。「エンジンになっているのかなとプロに進んだ投手のがっしりした体格を参考。平均球速アップにつなげ、「緩急がつけやすくなると進化を狙う。」
昨秋は左肘痛に悩まされ、未勝利に終わった。巻き返しへの思いは強い。「堂々と投げられるように」。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。