西武4位粟津がブルペン一番乗り「力みなく」15球

西武ドラフト4位粟津凱士投手(21=東日本国際大)が、ブルペン一番乗りした。
粟津は「力みなく投げられた。焦らないようにするために少なめにした」と冷静にこなした。宮崎・南郷での春季キャンプではA班(1軍)スタートが決まり「自信のあるシンカーなど、長所をアピールしていきたいです」と初々しく飛躍を誓った。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。