2年連続30勝も過酷な時代を生きた権藤博氏 監督として38年ぶりの優勝も経験

2019年の野球殿堂エキスパート表彰で選出された権藤博氏は、1938年12月佐賀県生まれ。
濃人貴実(渉)監督は、1年目から主戦投手として起用。開幕2戦目で完投勝利を挙げたのを皮切りに、1年目の1961年はリーグ最多の69試合に登板。35勝19敗で最多勝。
さらに防御率1.96 となる。セーブ制度は当時はなかったが、今の基準でカウントすると7セーブとなる。セーブ制度は当時はなかったが、今の基準でカウントすると7セーブとなる。セーブ制度は当時はなかったが、今の基準でカウントすると7セーブとなる。セーブ制度は当時はなかったが、今の基準でカウントすると7セーブとなる。セーブ制度は当時はなかったが、今の基準でカウントすると7セーブとなる。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。