2001年WS制覇の韓国サブマリンが再び脚光 MLB公式「未だに現役を続けている」

ダイヤモンドバックスでワールドシリーズ制覇に貢献し、楽天でもプレーした金炳賢投手は39歳となった今でも現役を続けている。
MLB公式サイトは「39歳にして未だにオーストラリアでプレーしている」と見出しを付け、現役を続けたことに言及し「2001年にダイヤモンドバックスでワールドシリーズを制覇したサブマリン投法のキム・ビョンホンは、今だに現役を続けている」と紹介。2001年のヤンキースとのワールドシリーズでは第4戦でティノ・マルティネスに同点2ランを打たれた場面を動画で紹介。2001年のヤンキースとのワールドシリーズでは第4戦でティノ・マルティネスに同点2ランを打たれた場面を動画で紹介。2001年のヤンキースとのワールドシリーズでは第4戦でティノ・マルティネスに同点2ランを打たれた場面を動画で紹介。
金炳賢にとっては痛い一発を浴びたがチームは第7戦でサヨナラ勝ちし世界一を成し遂げている。「第4戦、第5戦を除けば、キムはアリゾナのポストシーズンにおいて素晴らしい活躍をした。地区シリーズとリーグ優勝決定シリーズで6回を無失点に抑え、3セーブを記録したのだ。」
あまり知られていないが、非常に素晴らしいキムのハイライトが生まれたのは、その翌シーズンにヤンキースからリベンジを翌年のシーズンで果たしたことを紹介している。アンダースローから150キロの直球を投げる姿から「コリアンサブマリン」と呼ばれた金炳賢の象徴的な場面としてワールドシリーズで浴びた3発のリベンジを翌年のシーズンで果たしたことを紹介している。アンダースローから150キロの直球を投げる姿から「コリアンサブマリン」と呼ばれた金炳賢の象徴的な場面としてワールドシリーズで浴びた3発のリベンジを果たした時である。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。