【巨人】菅野史上最高の体調!シーズン「フル無双」へハワイで万全仕上げ

【ホノルル(米ハワイ州)16日(日本時間17日)=ペン・片岡優帆、カメラ・相川和寛】巨人の菅野智之投手(29)が自主トレを公開し、“菅野史上最高”というボディーを披露。
全力投球ではない。それでも菅野の直球は威力があった。ハワイの晴天のグラウンド上で遠投の後、約20メートルの距離で投球。
「力感なく」と7割程の力の入れ具合ながら、伸びる、強い球を披露した。腰を落として捕手役を務めた桜井のミットからは、迫力満点の捕球音が何度も響いた。昨年の同時期の体調と比べ、「3段階くらい、いい。
「全然違う。明日、キャンプインでも大丈夫」。南国で体は万全に仕上がっていた。
昨季の菅野は公式戦202イニング、3129球を投じ、ポストシーズン史上初のノーヒットノーランを達成。2年連続沢村賞に、最多勝、最優秀防御率、最多奪三振などタイトルを総なめした。11月にはへんとうの手術。
フル回転の蓄積疲労は…、体調は…。そんな心配は無用だった。「手術して2週間くらい何もしなくて。」
寝たきりというか体も動かしちゃいけない、食べちゃいけない、お酒も飲んじゃいけない。そういう意味で本当に疲れが取れたのかもしれない。疲労? 感じないですね 術後の完全休養が大きかったようだ。
ランニングでもキレのある動きが印象的だった。一緒に練習する宮国が、「本当に去年、200イニング投げたんですかと驚くほど。自身最高の仕上がりか、と聞かれ「間違いなく」と即答。
これまで開幕前の体調が良かった年に4年目の2016年シーズンを挙げ、振り返った。「16年もすごくいい状態でキャンプに入った。交流戦まで防御率0点台で。」
あれを(1年間)持続させるというのが目標ですね 16年は5月末の時点で10登板、防御率0・56。6月の交流戦終了まで0点台を維持した。夏以降「肩が痛かった」と苦しみ、最終的に防御率0・56。
対照的に昨季は春先が万全でなく開幕2連敗スタートで、夏場以降に驚異的な快投。多くの教訓を糧とし、今年は年間フルに「無双状態」を目指す。「いろんな経験をできてきているから、今は(良い)コンディションを継続させられる自信がある。
当時は分からなかった。自分自身そこに期待しています 昨年12月からのハワイ自主トレも終盤。7年目の今季は20勝、昨年に続く選考基準全項目クリアでの3年連続沢村賞を掲げる。
菅野史上最高のボディーで、もっと上にいく。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。