【巨人】2番でも“丸スタイル” 原監督と同じイメージ、フルスイングで初回に2点

広島から巨人にFA移籍した丸佳浩外野手(29)が17日、2番で起用された場合でも、これまでと不変のスタイルで臨むことを明かした。
指揮官は初回無死一塁なら、犠打ではなくヒッティングで「2点を取る」と公言しているが、丸の頭の中にも同じ“絵”が描かれていた。13年に30試合で打率3割3分3厘を記録するなど2番での経験、実績もある。「1番打者の次に打席が多く回ってくるので大事な所とうなずいた。
すでに、坂本勇も「もし、やることになったら楽しみな部分もある」と話しているが、2番・丸も恐怖なことは間違いない。この日もG球場で自主トレを行い、キャッチボールなどの後、ティー打撃、カーブマシンと合わせて209スイング。
「自分の打てる球を待ちながら、厳しい球は我慢する。その場面で一番いい結果を出したい」。昨季39本塁打をマークしたバットマンが、持てる力を存分に発揮していく。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。