【DeNA】2年目阪口 初のキャンプ1軍スタートへ番長に猛アピール

DeNA・阪口皓亮投手(19)が18日、横須賀市内の2軍施設で2日続けてブルペン入り。
「昨秋コーチから「キャンプで調整じゃなくて、実戦で投げられるように」と言われた。(三浦コーチの視察に)目には入ったけど意識しすぎないようにと思って、力を抜いていつも通り投げたと話した。1年目は1軍登板こそなかったが、ラミレス監督から「クイックも制球もよくなっている。
色々な要素で1軍レベルにある。キャンプ1軍レベルにある。キャンプ1軍レベルにある。キャンプ1軍スタートの可能性は高い確率であると成長を評価されている。
「この世界にいるからには上で投げないと意味がない。昨年から1軍キャンプを狙っていこうと思っていた。いけたらいい」と、まずは今月下旬のメンバー発表での朗報を待つ。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。