日本ハム清宮が父・克幸氏のラストマッチにエール 「最後はいい締めくくりを」

2年連続アリゾナキャンプが決まった日本ハム・清宮幸太郎内野手は18日も鎌ヶ谷の室内練習場で、打撃練習に取り組んだ。
無理せずと手首の状態と相談しながら、上げていくという。もっか懸念材料は、寮で隣室の宮台がインフルエンザにかかったこと。「結構一緒にいる時間が多かった。」
(部屋を)乾燥させないこと。水とかも飲んでと加湿器も利用し予防に努めている。ヤマハ発動機で監督を務める父・清宮克幸氏は今季限りで退任が決まっており19日がラストマッチになるが「色んな思い出があるが、最後はいい締めくくりをしてほしい」と話した。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。