日本ハムD1・吉田輝、キャンプ2軍スタート ダル&大谷と同じ道歩む

日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手(18)=金足農高=ら高卒新人5選手が17日、千葉・鎌ケ谷市の2軍施設で、JRA競馬学校の35期生7人と交流会を行った。
騎手の卵との交流会で行われた、訓練用木馬を使っての乗馬体験。ヒップサイズ104センチを誇る吉田輝が顔を紅潮させ、照れ笑いを浮かべた。「ウエートトレーニング終わり(終わったばかり)なので、下半身がきつかったです。」
一流になるために騎手の方も、徹底して究極を求めている。自分もそれに負けないくらいやりたいです 乗馬歴などはないものの、競馬にはもともと関心があった。学生時代も時折テレビで観戦。
もちろん未成年のため馬券は買えないが、参考にしていたのは、競馬の醍醐(だいご)味でもある騎手の駆け引きだ。「最初から飛ばして逃げ切る人もいるし、真ん中あたりにいて最後にスパートをかける人もいる。試合運びも重要」。
投球に生かせることも発見した。「打者が狙っていないのに思い切り投げる必要はない。打者が狙っていないのに思い切り投げる必要はない。」
「ペース配分はできると思う」。懇談会では、騎手候補生に積極的に質問もした。GI7勝を挙げた史上最強馬への憧れも口にした。
知っている競走馬を問われると「ディープインパクトですね。すごい競馬界の伝説になっている」と即答。2016年には栗山監督が北海道安平町の社台スタリオンステーションを訪れ、ディープインパクトと対面。
その年にリーグ優勝を果たした縁もある。「プロで一からのスタート。ここから積み重ねを大事にして、何十年も語りつがれる選手になりたいと、ディープ級の“伝説”への野望も明かした。」
18日にも、初めて球団施設のブルペンで投げる見込み。
とりあえず国頭で体を作って、紅白戦にしっかり投げたいと言い切った。ディープインパクトは「追い込み」が主な戦法だった。吉田輝も沖縄でじっくりと力をつけ、最前線へと上げていく。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。