殿堂入りした脇村春夫元高野連会長 プロとアマ、野球界の雪解けを推進

2019年の野球殿堂特別表彰で選出された脇村春夫氏は、1932年1月東京都生まれ。
つまり、脇村氏は1948年神奈川県立湘南高校に入学し、野球部に入った。当時、湘南は1946年から神奈川県大会決勝で神奈川商工を3-1で破って夏の甲子園に初出場を決めた。
甲子園でも2回戦で城東(南四国・香川)を2-1、準決勝で延長10回の末に高松一(北四国・香川)を9-3、準々決勝で延長10回の末に高松一(北四国・徳島)を3-2で破って決勝に進出。決勝では花井悠(のち慶應大、西鉄)を3-2で破って決勝に進出。
脇村氏は決勝戦に「2番・三塁」で先発出場。この試合に「7番・左翼」で出場したのが、1年生だった佐々木信也氏。のち高橋ユニオンズなどを経て解説者となり、「プロ野球ニュースの名キャスターとして親しまれた。
湘南の佐々木久男監督は、信也氏の父飛田穂州は「無欲の勝利」と讃えた。脇村氏はその後、東京大学に進み、硬式野球部で内野手として活躍。
卒業後は東洋紡績株式会社に入社し、社会人野球でも活躍した。そして2002年に牧野直隆氏の後任として、日本高等学校野球連盟の第5代会長に就任する。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。