矢野監督「神戸でパレードを」被災地で頂点誓った

阪神矢野燿大監督(50)が17日、阪神・淡路大震災で甚大な被害を受けた神戸市長田区で行われた「神戸震災復興フリーライブ」に参加し、観衆500人に被災地での優勝パレードを誓った。
阪神・淡路大震災の復興イベントで登壇。午後5時46分に黙とうした。阪神監督として初めて迎えた「1・17」に訪れたのは、倒壊や火災で甚大な被害を受けた神戸・長田区だ。
男性に「3年以内に優勝を」と声を掛けられるとうなずく。「今年、優勝を目指していきたい。(前回優勝の)05年から、かなり、お待たせしています。
神戸でパレードできるよう、頑張ります「ファンを喜ばせたい」をモットーに掲げ、優勝は悲願だ。神戸でのVパレードは星野監督時代の03年が最後で、雨が降るなか、御堂筋と同日開催。三宮には約25万人が集まり、喜びを分かち合った。
指揮官は当時を振り返り、強調する。「震災で大変な思いをされた方も来てもらって、その瞬間を一緒に喜び合える。(03年も)パレードは一番、感動的だった95年1月17日。」
矢野監督は中日5年目の26歳だった。名古屋にいて、強い揺れを感じた。大阪の実家は電話がつながらず、火の手が上がる神戸の街がテレビに映る。
関西遠征は芦屋が宿泊先だった。「マンションが倒れたり。1階に駐車場があるところは2階がつぶれて、車がペシャンコになってるとか…」。
当時の惨状を思い起こした。あれから24年。ぐにゃりと曲がったJR新長田駅は復旧し、ビルも並ぶ。
震災の傷痕は見えにくいが、指揮官は言う。「(復興が)進みにくいところもあるとお聞きした。僕らが簡単に「頑張ってください」と言えることではないかもしれないけど、僕らは野球しかできない。
「野球を通じて、何か感じ取ってもらう、頑張ろうと思ってもらえるようなものを見せていく」。鉄人28号モニュメントがそびえ立つ街で、また気持ちが前へと向いた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。