【中日】強肩の加藤が巨人・小林ミットで正捕手狙う「誠司さんにいろんな話を聞かせて頂いた」

「竜キャノン」こと中日・加藤匠馬捕手(26)が18日、大阪・貝塚市内で自主トレを公開し、共に汗を流す巨人・小林誠司捕手(29)と同じ形状のミットを発注したことを明かした。
「僕のは斜めにとじてあるんですけど、誠司さんのはクロス、罰点にとじてあって、よりしっかりするらしい。似たような形を注文したんで、それが(キャンプ地の)沖縄に届くのが楽しみ。キャッチングがいい時は、スローイングもいい球がいきますから」と狙いを明かした。
加藤は昨季、1軍出場はなかったものの、2軍では42企図で18度を刺し、盗塁阻止率4割2分9厘を誇った。秋季キャンプを視察した伊東ヘッドコーチは「(ソフトバンクの)甲斐が素晴らしい肩をしているけど、彼に匹敵する選手はいたと絶賛。ファンフェスタの紅白戦でも、マウンドから球速140キロ超を連発した実績もあり、潜在能力は計り知れない。」
「よく(甲斐さんのことを)言われるんですけど、自分は比べる立場にない。現時点ではすべてにおいて負けている。ただ同世代として負けたくない気持ちはあるし、まずは自分のことをしっかり考えて頑張りたい」。
打撃の向上と経験値を積めば、松井雅、大野奨らとの正捕手争いに割って入る可能性は十分だ。今回の自主トレでは先輩の大島に初めて師事し、さまざまなアドバイスを受けた。
感謝しています。いろんな先輩方、他球団の方と練習して、いろんな意見が聞けたし、来てよかったと充実の表情を見せた。温めてきたキャノン砲を繰り出す準備は整った。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。