中日戦力外の若松 BCリーグ栃木に入団「もう一回NPBでやりたい」TVで語る

中日から戦力外通告を受けた若松駿太投手が19日、TBS系「バース・デイ」に出演。
だが、その後は成績が伸び悩み、18年シーズンは登板なし。戦力外通告に「俺なのって悔しくてショックを受けました」と心情を振り返りながら、12球団合同トライアウトを受験した。再起の道を後押ししてくれたのは父・源さん(51)だった。
源さんも「びっくりしました。エッと思いました」と言いながら、ブルペン捕手を務めてサポート。野球経験はないが、必死に息子の球を受け止めた。
「まだ野球をやりたいから俺は」と若松。サポートしてくれた源さんには「環境をしっかり整えてくれた。親父には感謝しています」と思いを伝えた。
源さんも見守ったトライアウトでは、持ち味を存分に発揮したが、NPB球団からのオファーはなし。だが、BCリーグ栃木からオファーを受け、希望の道はつながった。「もう一回NPBでやりたい。」

 
ref
 

コメントは受け付けていません。