根尾よりも上?中日3位勝野コンタクトせず視覚検査

目力NO・1は勝野だった? 視覚機能検査に根尾らとともに参加した中日ドラフト3位勝野昌慶投手(21=三菱重工名古屋)は、「ランニングのとき落としたかも」と、右目のコンタクトレンズをなくしたまま受診していた。
動体視力の方が 中日小川(現西武)は10年、動体視力全般のテスト(800点満点)でイチローは687点でトップ(平均49・8個)で最高点をマーク。◆動体視力が両目1・3で、静視力の1・2を上回った。
通常は静視力の75%程度で「両目なので機械ミスではない。こんなケースは初めて」と担当者。◆ボールが止まって 「打撃の神様川上哲治は50年8月に「ボールが止まって見えた」。
後年に日刊スポーツで「実に不思議で初めての感覚だった。オレンジ色の糸の縫い目まで、1つ1つ数えることができるぐらい鮮やかに見えた」と明かしている。◆ボールが大きく 11年に横浜スレッジは開幕4戦で5本塁打し「今はボールが大きく見えるんだよ」。
◆広島長野 巨人時代、中堅の守備中にファウルボールが記者席に飛び込み、記者が捕ったのを見ると「ナイスキャッチでしたね」。約150メートル先もくっきり捉えた。◆視力1・5から 阪神糸井は日本ハム時代の11年オフにレーシック手術を受け、視力2・0を獲得。
術前の視力は1・5で「それで手術を受ける人はほとんどいない。本当に受けるんですか」と担当医は仰天。動体視力も優れ、パチスロの全絵柄が見えた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。