王貞治氏がみた大谷翔平

ソフトバンクの王貞治会長が18日、日本記者クラブで「平成とは何だったのか」というタイトルで平成のプロ野球を振り返った。
大谷君は自分の野球技術で黙らせたんですよねと、その技術力の高さを改めて評価した。昨年シーズン終了後に手術した右肘についても王氏は「今は手術の技術もあがって、復帰に時間はかかるかもしれないですけど、もとのように投げられるようになると思います」と全く心配していない様子。ただ、「野球をやっている人間からしたら故障が常につきまとうのはピッチャー。
そうすると彼の勇姿を少しでも長く見たいならば、バッターとしてやってもらう方が、彼がそのメジャーリーグのバッターボックスに立つ期間が長いのは当然ですよねとコメント。「大谷君がどちらを選ぶか分かりませんが、寿命だけ考えればバッターだけに専念した方がいいだろうということしか言えませんねと王氏の本音では“打者一本”で勝負して欲しい考えがあるようだ。」

 
ref
 

コメントは受け付けていません。