西武伊藤が新成人の誓い、菊池移籍でローテ入り狙う 「逃さないようにしたい」

西武の伊藤翔投手が19日、西武第二球場で自主トレを行った。
ルーキーイヤーの昨年は主に中継ぎとして16試合に登板し3勝をあげるなど存在感を示したが、先発への強いこだわりを常に持ち続けていた。エース・菊池雄星が抜けた今シーズンに向けて「(ローテ入りの)チャンスですね。逃さないようにしたいと力を込めて話した。」
年末年始は独立リーグ時代を過ごした徳島でトレーニングを行い、ブルペン投球に加えて投球術や身体の動かし方などをブラッシュアップ。同行したトレーナーの下できめ細やかなメニューをこなすうちに「こんなに(身体を)使えていなかったのか」と気付かされたという。体力強化も重要な課題だ。
18年10月にプロ初先発した試合では5回2/3を投げて3失点で勝ち投手となったが、「投げる体力が課題だと感じました。最低でも7回まで投げないとと反省も忘れない。しっかりと投げ込める身体づくりを意識して練習に取り組んできた。」
全ては先発ローテーションの枠をつかむためだ。西武期待の若獅子は「ローテーションに食らいついて入れるようにしたい。シーズンが終わった時には(ローテーション投手)6人の中に入って終われるように、気合をいれて頑張っていく」と充実した表情で練習に取り組んでいた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。