【女子プロ野球】ディオーネ御山、母校で「夢授業」を開催「野球の魅力を伝えられたかな」

愛知ディオーネの御山真悠外野手が19日、母校の千葉・八千代市立の高津小学校で、地元の野球チームの子どもたちを相手に「夢授業」を行った。
そして、私のことを知らない子がほとんどだったのにもかかわらずとても応援してくれていて、とても嬉しかったです。地元は落ち着くし、すごく応援してくれている人が多く、とてもいい場所だなと思い、もっと地元の野球をやってる女の子たちのためにできることがあれば貢献していきたいなと思いましたとも話した。御山自身にとっても貴重な経験となった様子。
出身地への“凱旋”で思いを新たにした。「今年から女子プロ野球選手になる三上選手も来てくれていて、私のような選手になりたいと言ってくれて、そう言ってくれている選手がいる限り、もっと頑張らなくていけないなと思いましたし、野球をやっている女の子の憧れの選手になれるようにもっと頑張っていきたいなと思いました 所属球団の地元・愛知で積極的に活動していくことも誓っていた。」

 
ref
 

コメントは受け付けていません。