【巨人】沢村がフォーム修正に着手 制球力アップ目指す

巨人の沢村拓一投手(30)が19日、フォーム修正に着手していることを明かした。
まだ「コレ」というところまではいっていませんが、試しながら投げ込んでいきたいです」。ジャイアンツ球場での自主トレでは、遠投などで動作を確認した。18日に開かれたスタッフ会議では、首脳陣から「覇権奪回5か条」が掲げられた。
その中の一つに、「救援陣で20敗し、沢村は49登板で6敗を喫した。制球を乱してリズムを崩すケースが少なくなく、52回1/3で四死球は30。」
「良い投手って、制球のいい投手だと思います。チームが勝っていく中で、一年間しっかり戦力になりたい。今年は「投手で勝った」という試合を多くしたいですと改善を約束した。
ハワイでの自主トレを終え、キャンプインに向けて準備を整えている。「けがをしたら恥ずかしいし、もったいない。体は仕上げてきたので、寒さに慣れつつ、キャンプを迎えられれば」。
あの球威に精度が加われば、クローザーとして沢村以上の適任者はいない。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。