【MLB】ダルビッシュ復活へ米紙期待「昨年の罪滅ぼしへ」 ファンは「未だ待っている」

昨年9月に右肘のクリーニング手術を受けたカブスのダルビッシュ有投手が今季の完全復活へ着実に前進している。
同紙は「4度のオールスターに選出されたダルビッシュは腕が健康であり、クリーニング手術から4か月が経ち、強くなっていると言った。来週金曜からマウンドで投球を開始する予定だ」と報じ、2月中旬に始まるスプリング・トレーニングへ順調なことを報告した。右腕の度重なる故障に苦しんだ昨季は8試合登板、1勝3敗、防御率4.95だった。
同紙は「日本、テキサスでの5年半、忘れられないワールドシリーズでの登板もあったロサンゼルスでの数か月というキャリアを通して、昨年のようなシーズンを送ったことがなかった」と指摘。「シーズン終盤に骨の打撲と診断される前、上腕三頭筋の張りにより故障者リスト入りし、丈夫さが疑問視された。彼を批判的に見ている人たちの中には多くのメディアやアレックス・ロドリゲスやリック・サトクリフらも含まれた」。
同紙はキャリアワーストだったのは右腕の度重なる故障が原因だと伝えた。ダルビッシュは昨年2月に6年総額1億2600万ドル(約137億円)でカブス入り。昨季のような成績では当然、大型契約に見合わない。
だが、19年シーズン中の復活へ向けては、順調に歩みを進めているようだ。同紙は「キャンプが始まるまで1か月を切り、彼の変わらない握力と15ポンド増した筋肉が強さと健康さを示している。彼は変わろうとしていると誓った」と談話を元に右腕の現状を紹介している。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。