ソフトバンク育成川原 残り5枠!支配下復帰目指す

ソフトバンク育成の川原弘之投手がキャンプ、オープン戦での支配下復帰を誓った。
育成に降格し4年目のシーズンを迎える。「昨年10月に終わると思った。本当に今年がラスト。」
(支配下登録期限の)7月末までではなく、キャンプ、オープン戦と2月、3月にアピールしたい。首脳陣から使えそうだなと思わせたい毎年のようにケガに泣かされてきたが昨年は「9年間で初めて1シーズン投げた」と話すように、2軍で34試合、46回1/3を投げ3勝2敗5セーブ、防御率1・75と数字を残した。「成績は残せたが内容が…。
安定感を出してイメージを変えたい。課題は制球力。抜ける球がなくなってきた現在支配下登録選手は65人で5枠残っている。
左腕の中継ぎは嘉弥真、モイネロしかいない状況。笠谷、古谷、田浦と若手はいるが川原にもチャンスはある。育成投手は12人と狭き門だが、苦労人がラストチャンスにかける。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。