ドラ1近本抜擢は? 複数ポジションで争い混沌…12球団オーダー予想【阪神編】

2019年の幕が開け、早くも2週間が経過した。
キャンプインを2週間後に控えたタイミングで、現状で12球団のオーダーを予想した。
江越や島田ら中堅を争うライバルは多いものの、ドラフトで藤原、辰己を外し、他の注目選手が残る中で“外れ1位”での指名に踏み切ったのは、それだけ実力を評価してのことだろう。社会人出身で即戦力という触れ込みだけに即スタメンも十分にあり得る。中堅をはじめ二塁や遊撃は、どの選手も決め手に欠けるか。
中堅にも中谷や島田、江越らがおり、遊撃には植田や北條、鳥谷、二塁は糸原などなど候補は数多くいる。キャンプ、オープン戦でのアピールがモノを言うことになるだろう。この並びだと、1番から8番まで左右交互のジグザグ打線(植田はスイッチヒッター)となる。
そんな中で、やはり福留と糸井というベテラン2人には今季も頑張ってもらわないといけないところ。4番に新助っ人のマルテを置き、両ベテランが3、5番で脇を固める形が現実的か。大山は6番辺りでノビノビと打たせ、成長具合によってはクリーンナップを任せてもいいか。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。