ヤクルト・山中、「ハエが止まる」超遅カーブ!80キロ台目指す

ヤクルト・山中浩史投手(33)が球界最遅の『超遅球』の習得に乗り出すことが19日、分かった。
希少種の下手投げを生かすため、より遅い球を追い求める。「直球は強く、緩急の差は大きくというのが理想。80キロ台を目指したいとブルペンでの投球練習を始めている。」
理想とするのが80キロ台のカーブを武器にオリックス、阪神で活躍した星野伸之氏だ。捕手が素手で捕球した逸話が残る一方、一番速く感じた投手としても名前が挙がる。「目指すは日本最遅。」

 
ref
 

コメントは受け付けていません。