巨人菅野フォーム極意習得、ノーノー経験で体幹強化

巨人菅野智之投手(29)が、ノーヒットノーランの経験からヒントを得た投球フォームの極意を完全習得する。
あの試合、菅野によれば「状態が悪くて。腕が振れないし(投球に)違和感がある中で投げていた」。投球時に、右肘など体の一部分を固めることで腕が鋭く振れるよう、マウンド上で巧みに修正。
力感のないフォームからキレのあるボールを投げ、ヤクルト打線を沈黙させた。菅野 再認識したのは、どこかが止まらないと(腕も)走らないということ。それが、僕の中では体幹かなと思った。
ハワイ自主トレ打ち上げだったこの日も、体幹を意識した。腹筋やゴムバンドを使ったトレーニングなどで強化。「体幹でしっかりと体を固めて、力感なく投げられるように。」
いい感じでやれていると思いますと充実した表情で話した。キャッチボールの締めには、捕手役の宮国が中腰の状態でボールを投げた。
矛盾を自在に操って、投球を極める。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。