DeNA筒香が故郷の小学生にエール「失敗より挑戦しないことの方が格好悪い」

DeNAの筒香嘉智外野手が20日、故郷の和歌山県橋本市で小学4年生と6年生、約70人を対象とした“ミニ運動会“に参加した。
冒頭で「いっぱい失敗して、積極的にチャレンジしてください」と呼びかけたが、マット運動では倒立前転や倒立ブリッジなど高度な動きもあり、集まった子供たちの中には失敗を恥ずかしがる子供も。それでも、後半の長縄跳びや綱引きでは、子供たちは真剣勝負の中にも笑顔を弾けさせた。イベントを通じて子供に声掛けを続けた筒香は、閉会時に子供たちにこんなメッセージを送った。
「自分の体を操ることは難しいと思いますが、大事なことです。もっともっと失敗して、できないことができるようになるまでチャレンジしてみて下さい。失敗することは恥ずかしくありません。」
失敗するより、挑戦しないことの方が格好悪いです 終了後、取材に応じた筒香は、子供たちが失敗を恥ずかしがらない環境を作ってあげてほしいと訴えた。今後も橋本市と協力しながら、野球に限らず、子供たちが失敗を恥ずかしがらない環境を、大人たちが提供することの大切さを力説。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。