【侍ジャパン】稲葉日本のライバルは!? 東京五輪予選方式が決定

WBSC(世界野球ソフトボール連盟)はイタリアのローマで理事会を行い、6チームが出場する2020年東京五輪予選の方式を発表した。
19年11月の「プレミア12」では最大2チームが五輪の出場権を獲得する。
ただし、日本を除くアジア・オセアニアのチームが「プレミア12」で上位6チームが3組に分かれてグループリーグを戦い、各組2チーム計6チームに入らなかった場合、最終予選まで出場は決まらないとしている。
つまり、日本以外のアジア・オセアニアのチームが全てグループリーグで敗退すれば、「プレミア12でアジア・オセアニアの五輪出場チームは決定しない。【5枠目】米大陸予選の最上位1チーム 20年3月には8チームによる米大陸予選が米アリゾナで実施される。」
【6枠目】五輪最終予選(台湾) 五輪最終予選は台北で行われる。五輪への最終切符をかけ、欧州・アフリカ予選の2、3位チーム、米大陸予選の2位チーム―の計6チームが五輪出場権を獲得。
プレミア12でアジア・オセアニアのチームが五輪切符を獲得することになりそうだ。欧州・アフリカではオランダやイタリア、アジア・オセアニア地域では韓国、台湾、オーストラリアの実力が高い。北中南米ではアメリカ、キューバ、メキシコ、ベネズエラ、カナダ、プエルトリコ、ドミニカ共和国といった強豪が出場権を競うと予想される。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。