【巨人】菅野、投手陣底上げへ熱血授業…後輩3人の捕手役を務めて丁寧に助言 

【ホノルル(米ハワイ州)19日(日本時間20日)=ペン・片岡優帆、カメラ・相川和寛】巨人の菅野智之投手(29)が「熱血授業」でハワイ自主トレを打ち上げた。
グラブをミットに持ち替えた。キャッチボールの終盤、20メートルに距離を縮め、菅野が捕手になった。後輩3人が順番で、エースに強めの投球を披露する場が設けられた。
先陣を切った桜井は、剛球を投げる時もあるが、いい球が続かないという課題がある。投球の合間に何度も金言が飛んだ。菅野「何が良くて何が良くないのかしっかり考えないと。」
その積み重ねがシーズンだから。左足を上げている時から力んじゃダメ。キャッチボールの最初みたいに力を抜いて 次に投球したのは中川。
リリーフとして期待の高い4年目左腕に、菅野はスライダーのコツを伝授した。「何となく投げるんじゃなく、リリース、曲がるところ、最終地点を(線で)結んでイメージして投げることが大事」。その後は、右打者内角への速球(クロスファイア)も特訓した。
ラストは今季リリーフで勝負する宮国。菅野は力強い球を「素晴らしい」と褒め「縮こまるんじゃなくて、それくらい(体を)大きく使ってほしい」と助言した。「椋丞はもともとスライダーピッチャー。
直球が悪くてスライダーが良い投手はいないと原点のストレートの大切さも伝えた。3人の捕手として約60球を捕球後、今度は菅野が20メートルの強めの投球。捕手は宮国で、中川と桜井が見学。
体調が過去最高の仕上がりのエースは、力感のないフォームから異次元のキレの球を投げ込んだ。「今は何にも意識してないよ。そういう感覚を身につけないと」。
無意識でも同じ動作を再現し続ける手本にと20球。背中で示した。青空の下、37分間の濃密な個別レッスン。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。