【MLB】ドローン入手のブライアントに“流血”バウアーがオファー!?「一緒に飛ばそう」

ドローンを入手したカブスのクリス・ブライアント内野手に対して、インディアンスのトレバー・バウアー投手が「一緒に飛ばそう」と“オファー”を出したことが話題となっている。
ここまでの“流れ”について、振り返っている。まずは、最近ドローンを入手したブライアントが、インスタグラムで「素晴らしい友人たちと新しい趣味! 誕生日を祝ってくれた皆さんありがとう」と報告していたことを紹介。ドローンが「新しい趣味」となったことをブライアントは自ら明かしているのだ。
当然のことながら、どんな趣味を持とうと選手の自由だろう。ただ、記事では「もちろん、間違いなくクールなことであるが、ドローンは野球ファンにとって少しセンシティブな話題である」と指摘。メジャーリーガーとドローンと聞けば、どうしてもバウアーの“事件”が思い起こされるからだ。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。