セ・リーグ『打率.350』の壁、今年こそ…?

中日のダヤン・ビシエドと、ソフトバンクの柳田悠岐――。
近年のパ・リーグで打率.352を超えているのは、2015年に.363のハイアベレージを残した柳田自身と、その年の青木宣親(.358)まで戻らなければ出てこない。近年において、特に大きな壁となっているのが「打率.350」というライン。
特にセ・リーグではそれが顕著だ。パ・リーグでは、上でも触れた柳田と秋山によって近5年のうちに3度の“.350超え”が記録されているものの、セ・リーグでは2010年の青木と、同年の打率2位・平野恵一(阪神/.350)までさかのぼる。以降8シーズンにわたって打率.350に届いた選手が出ていない。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。