稲葉ジャパンはプレミア12で台湾、豪州と同組に 

20年の東京オリンピック(五輪)出場権がかかる第2回プレミア12のグループ分けの一部が判明し、日本は台湾、オーストラリアと同組になることが明らかになった。
4カ国目はドミニカ共和国と対戦したが、今回は野球世界ランク1位の日本、2位米国、3位韓国が別グループに分かれた。日本は1次ラウンドで米国、3位韓国が別グループに分かれた。日本は1次ラウンドで米国、韓国、メキシコ、ベネズエラ、ドミニカ共和国かプエルトリコになるという。
各グループの上位2カ国は、開催国として出場が確定している日本を除いたアジア・オセアニアの最上位国に与えられる。◆日本の前回大会 15年に行われた第1回大会で、日本は準決勝で韓国に3-4で敗れ3位だった。
6チームを2組に分けた1次ラウンドでは初戦で大谷(当時日本ハム)が韓国から10三振を奪うなど5-0で快勝。メキシコ、ドミニカ共和国、米国、ベネズエラにも勝ち5戦全勝で突破した。準々決勝のプエルトリコ戦は9-3で勝利。
準決勝の韓国戦は8回までに3-0とリードしたが、9回表に4失点で逆転された。3位決定戦はメキシコに11-1で7回コールド勝ち。決勝は韓国が8-0で米国を下し、初代王者になった。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。