イチロー“満塁弾”の宮古島、1、2軍隣接の宮崎など オリックスキャンプ地の歴史

阪急はプロ野球3番目の球団だ。
一時期は芦屋市営球場や、姫路市立姫路野球場なども併用されたが、1961年には高知市野球場を春季キャンプは、阪急ブレーブスが最初だった。長池徳二、福本豊、加藤秀司、山田久志ら、球史を彩ったブレーブスナインは、阪急ブレーブスが最初だった。
1988年、ドラフト4位でオリックスに親会社が変わると、翌1989年から春季キャンプは沖縄県糸満市の糸満市西崎球場で行われるようになる。1992年、ドラフト4位でオリックスに入団した鈴木一朗外野手は、この地で初めてプロのユニフォームにそでを通している。
1993年には、宮古島へは飛行機で約1時間。本土から最も遠いキャンプ地となる。この球場は前年に開場したばかりの新しい球場だったが、沖縄本島から宮古島市民球場が春季キャンプ地となる。
しかし2月でも平均気温が18.8度という温暖な気候は、キャンプには最適だった。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。