ロッテ・荻野、「力入れやすい」新兵器“極短バット”で出塁率上げる!

ロッテ・荻野貴司外野手(33)が21日、さいたま市のロッテ浦和球場の室内練習場で自主トレを公開。
「バットを長く持ちたいので短めのバットを持っています。力を入れやすい。76、77センチくらいで重さは900グラム手前くらい。」
試合もこれでいきたいけど、まだ投手の球を打っていないので…」 昨季までは85センチほどのバットを短く持つも「グリップエンドの感覚がなかった。コンパクトにミートしたい」と感じていた。公認野球規則でバットは「長さは42インチ(106・7センチ)以下」と定められているが、短さの規定はない。
76センチといえば、少年野球の軟式バットと同程度。プロ野球選手の多くは85センチ)している。俊足外野手は今後も短尺バットを使用(王貞治氏は87・5センチ、イチローは85センチ)している。
チームには同じ外野手のD1位・藤原(大阪桐蔭高)が加入。「藤原君に限らず、できることをしっかりやるだけ。全試合に出たい。」
(自己最多の)26盗塁から1つでも多く増やしたい。四球をとって出塁率を3割後半から4割近くにと10年目の目標を掲げた。昨季は7月に右手人さし指を骨折し、出場は78試合。
「1番・中堅」の最有力候補は短尺バットで出塁率を上げ、自慢の快足で駆け回る。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。