目標「3割と2桁本塁打」 DeNA倉本が決意

定位置再奪取へ-。
茅ケ崎公園体験学習センター「うみかぜテラス」のオープン記念イベントに講師役で登壇した倉本は、アマチュア時代から慣れ親しんだポジションへの愛着を口にした。 昨季は主戦場の遊撃から二塁手に転向したが、出場はプロ入り後最少の85試合にとどまった。打率はルーキーイヤーの2015年に次いで低い2割3分2厘と不調に陥り、「1年目とは違う苦しさ。
振り返りたくないぐらいめちゃめちゃしんどかったと打ち明ける。 一方で芽生えたのが、遊撃への強いこだわりだ。「今までショートは自分の中で一番ではなかったけれど、セカンドで(シーズンが)終わった時にやっぱりショートにこだわりたい気持ちが強くなったと自らを見つめ直した。」

 
ref
 

コメントは受け付けていません。