「今は口だけの選手が多い」―現役引退の摂津正が体現したエースの“美学”

摂津正は、決して目立つ存在ではなかった。
「決して長くない選手生活だったが、本当に満足はしている。後悔も、悔いもなく終わることができた」「活躍した部分もあるし、ここ最近はダメだった。いろいろな選手の気持ちになって、物事を考えられるようになったのかな」 実働10年、通算282試合登板、79勝49敗1セーブ73ホールド、防御率2.98。
数字だけを見れば、時間が経てば埋もれてしまう投手なのかもしれない。しかし、球界を代表する強豪チームとなったソフトバンク、その過渡期を支えた戦士として忘れられない一人である。摂津は、秋田経法大付高(現明桜高)から社会人・JR東日本東北を経て、2008年ドラフト5位でプロ入り。
社会人入りして指名可能となってから6度目のドラフトで、26歳にしてようやく指名を受けた。新人からセットアッパーとして欠かせない存在に。70試合を超える試合に登板し1年目に新人王、デビューから2年連続で最優秀中継ぎ投手となる。
11年の先発転向後は15年まで5年連続2桁勝利をマーク。12年には最多勝と最高勝率のタイトルを獲得、沢村賞の両方に輝いたNPB史上初の存在、まさに日本を代表する投手となった。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。