広島・野村が兄弟共演 弟・航平さん、兄の「来てほしい」で福岡から駆け付ける

広島・野村祐輔投手(29)が22日、故郷の岡山・倉敷市のグラウンドで自主トレを公開。
昨年までは軟式野球チームに外野手として所属していたが、現在は引退している。同氏は会社が休みの土日を利用して兄の自主トレを手伝っているが、この日は兄の「来てほしい」との要望に応えて、前日21日に自宅のある福岡から新幹線に乗って広島入りした。「会社に休みをもらって来ました。
兄とキャッチボールをしたのは兄が中学3年のとき以来ですかね。あの頃と球の質が違いますねと照れ笑いを浮かべた。沖縄では広島・田中広輔内野手(25)の「田中兄弟」が、広島では兄・祐輔と弟・航平の「野村兄弟」が共演。
カープナインは引退した新井貴浩氏(41)が発した“家族”を合言葉に団結しているが、田中広と野村は本当に“家族一丸”となって充実のオフを過ごしている。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。