日本ハム・清水優心が腰を手術 試合復帰まで3カ月の見通し

日本ハムは23日、清水優心捕手(22)が徳島県徳島市内の病院で腰椎椎間板ヘルニア及び嚢腫の手術(PED法)を受け、無事に終了したと発表した。
昨年11月の契約更改では倍増の年俸2000万円(推定)でサインしていた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。