韓国プロ野球で史上初の女性GM誕生 元サッカー代表&審判員、クラブGMの経歴も…

女性の社会での活躍が広がっている現代。
同メディアによると、KBOの37年の歴史で、女性がGMと社長の座に就くのは初めてだという。イム氏は元サッカー韓国女子代表選手で国際大会にも2試合に出場。初のFIFA公認女性審判員として活動し、さらにはFC安養というサッカークラブでGMを務めていた。
この時の働きぶりがヒーローズの目に止まり、今回の招聘が実現。記事ではキウム・ヒーローズの「前職での彼女のリーダーシップに感銘を受けた。我々球団を更に上のレベルに引き上げてくれる最適の人物」とのコメントも紹介。
さらに、イム氏も「スポーツマネージメントにおいて、球団とフロントオフィスの間には専門的な役割分担があります。新たなスポンサーのもと、キウム・ヒーローズが成長する後押しできるよう、最善を尽くします」と語っている。昨季は75勝69敗で4位に終わったキウム・ヒーローズ。
前代未聞の女性GMのもとでいかなる戦いを見せるだろうか。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。