【DeNA】筒香、外国特派員協会で少年野球、高校野球のトーナメント制に警鐘

DeNAの筒香嘉智外野手(27)が25日、東京・千代田区の日本外国特派員協会で「日本の野球界は変わらなければならない」というテーマで記者会見を行い、少年野球や高校野球における勝利至上主義からの脱却を改めて提言。
その上で「選手の将来的な活躍よりも、今勝つという、今の結果が重視された勝利至上主義が一番問題がある」と主張。「骨格のできていない子供たちの大会のほとんどがトーナメントで行われています。どうしても選手の成長よりも、今の試合に勝つことが優先されていますと少年野球や高校野球の大会の過密スケジュールが肩肘への過度な負担を招いている現状に警鐘を鳴らした。
さらには少年野球の指導者の怒声や暴言、体罰も野球人口減の元凶と語り、「スポーツマンは対戦チームや仲間に敬意を払い、お互いリスペクトしなくてはならない。信頼関係が生まれて、子供たちは成長していく。スポーツの価値をみんなで高めていく行動が必要だと思っていますと球界の未来に向けて、改善は急務であると訴えた。」

 
ref
 

コメントは受け付けていません。