ロッテ2年目左腕が1軍定着に懸ける思い 「ブルペンを休んだ感覚はありません」

千葉ロッテの山本大貴投手はルーキーイヤーの昨季、“猫だまし投法”と呼ばれた独特のフォームで話題を呼んだ。
山本は「午前中はピッチングやボールを使った練習をして、午後から海辺の砂浜でラントレーニングを行いました」と、古巣での練習を振り返っている。ロッテ浦和球場に戻ってきてからも精力的な取り組みは続き、22日には変化球を交えながら60球以上を投げ込んだ。「(ブルペンには)12月からずっと入っているので、ブルペンを休んだ感覚はありません。
1年通して投げ込みという感じだったので、いい感触ではあるかなと思いますと、投げ込みという感じだったので、いい感触ではあるかなと思いますと、投げ込みという感じだったので、いい感触ではあるかなと思いますと、投げ込みという感じだったので、いい感触ではあるかなと思いますと、投球を重ねることによって掴んできたものがある様子だ。
「とにかく1軍での登板数を増やしたいです。その中で何勝できるかは分からないですけど、1個ずつ勝っていけばそれが自分のためにもチームのためにもなりますので」と、新シーズンに対する意気込みも十分だ。チームの左投手は手薄な状況が続いており、昨季サウスポーが挙げた白星はチーム全体でわずかに4つ。
春季キャンプやオープン戦などでのアピール次第では、山本にも1軍でも登板を重ねていた岩下投手や種市投手とともに「山本もちょっと形になってきた」と、この1年間で成長した投手のひとりに挙げていた注目株。
まずは間近に迫った春季キャンプで、確かな手応えを掴んだオフのトレーニングの成果を出したいところだ。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。