阪神・谷本球団本部長「一日も早く元気な姿を」原口の全力バックアップ約束

阪神の谷本修球団本部長が24日、大腸がんを公表した原口文仁捕手(26)をバックアップすることを約束した。
病と闘う原口を思い、谷本本部長は「個人情報に絡むので、そこは控えたい」とした。
原口本人もショックを受けた今回の離脱。それはフロントも同じだ。原口は昨季、代打の神様として活躍。
球団記録に並ぶシーズン代打安打23をマークするなど勝負強さが光った。何よりその裏には、誰よりも早く球場に足を運び、念入りな準備があった。だからこそ谷本本部長は「野球に打ち込んでいる姿は素晴らしいものがありますので、そういう姿を野球の神様に見ていてほしい」と言葉を続けた。
当然、戦力として期待していただけに「(離脱は)痛いですよと話すが、球団としても立ち止まってはいられない。「彼も前向きにやっていこうとしているので、その気持ちに応えられるように」。あらゆる面のバックアップでサポートし、原口の早期復帰を後押しする。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。