【日本ハム】吉田輝星のブルペンで女房役の田宮裕涼「人さし指が腫れた」

日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手(18)=金足農=が26日、千葉・鎌ケ谷でドラ6の田宮裕涼(ゆあ)捕手=成田=と初の新人バッテリーを組んだ。
「踏み出す足が安定していた。5、6割の力で、球にロスのない伝わり方をしていた。(田宮は)高校生なので投げやすい」。
田宮は「直球がフォーンと浮き上がって来る。今まで受けてきた球で一番痛い。人さし指の付け根が腫れました」と左手に衝撃を受けていた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。